SAMPLE SITE

社会実装ハウス
MAGMA

社会実装ハウス(教室のあるシェアハウス)とは・・・
新しい社会を、新しい人材が、創る。そのための孵化器。

企画概要

 令和新世紀、新しい時代がやってきました。
1868年の明治維新による日本近代化は、明治(起)大正(承)昭和(転)平成(結)と大きな時代のうねりを続けながら、終焉しました。そして、新しい時代がはじまります。近代国家の次のステージは、ひとりひとりの生活者が主役の参加型社会です。そして、それを支えるインフラ基盤は、IT(Information Technology)技術になります。 私たちは、新しい社会に向けての基盤づくりのための人材開発からはじめます。近代のようなワンパターンの人材を量的に生産する学校システムではなく、全寮生活を通して少数の人材に対して、現実の社会動向に実装出来る技術と能力を体得出来るような実践的指導をします。

運営方法は以下です。

  1. 地域に「社会実装ハウス」を設置します。数名から10名程度が共同生活を行う全寮制のシェアハウスになります。
  2. このシェアハウスの中心には「教室・作業場」があります。寮生は、ここで「一般教養」と「社会実装プログラム」を学びます。
  3. 「一般教養」は、社会やメディアの基本構造を理解し、世界の最先端の技術動向などを学びます。また、各界で活躍している識者や専門家をゲストにした講座(オンライン&リアル)も随時、実施していきます。
  1. 「社会実装プログラム」は、ビジネスシーンの第一線で活動しているエンジニアの指導の元、現実の受注作業や、オリジナルなアプリ開発などを行います。
  2. 寮生については、授業料、家賃、生活費など一切無料です。受講期間は1年単位になります。終了後は、IT技術者として就職するか、グループを組んでの起業を支援します。

 社会実装ハウスは、地域に根ざした小さな学校でありコミュニティです。地域の行政、企業、ソフトハウスと連携しながら、地域で生きるITエンジニアを育成していきます。つまりITエンジニアの地産池消を目指します。大都市中心の近代社会から、それぞれの地域の中で、世界につながるスーパーエンジニアが活動出来る拠点を作っていき、各地の拠点をネットワークでつなげていきます。
私たちの認識は、「文明としてのIT(Information Technology)の時代」から、「文化としてのIT(Intelligence Technology)の時代」へと、今後シフトしていくと思っています。時代のインフラ基盤を支える人材育成機関に、皆様のご協力をお願いいたします。

ページのトップへ戻る